実際の実例から考えて

実際の実例から考えて

バックファイアー現象にも注意

その他にも問題点としてあげられる点がある、それは燃焼しきれずにいた燃焼物が排気管内へと流出する時にそのまま溜まってしまう時だ。この時、管内部に熱エネルギーが蓄積されていき、残留している酸素と水素を元にした燃焼物が重なり合おうことで何が起こるかというと、それは目に見えての爆発だ。この現象のことを『アフターファイアー』と呼んでいる。ただ吸気系の燃焼におけるこうした現象のことを『バックファイアー』とも呼ばれているため、意味としてはそれほど間違ってはいない。先ほど話した水素ロータリーエンジンにおいて取り上げた問題点では、こうしたバックファイアー現象が発生しないようにする工夫が施されている。

水素自動車の燃焼物、というふうに言うとそれが間違って吸気系の管に残っていたらとんでも無いことになるのではないかと恐怖する人もいるだろう。車が突如として発火しようものなら、そんな事態考えたくもない恐ろしい現象だ。完全に回避する、もしくは防ぐという手段についてはいいとしてもガソリンと比べたらそこまで危険というわけではない。ガソリンに引火すればそれは爆発となって車をあっという間に炎上させてしまう。水素にしてもバックファイアー現象が出ようものなら危険だが、車体を吹き飛ばすほどの爆発を引き起こすとなったら水素と空気が撹拌していなければ深刻な事にはならないのです。

どのみち爆発したら人間無事では済まない、二次元の世界だと爆発が起きてもギャグなら全員軽い火傷やかすり傷、もしくは焦げ付くといった程度で済みます。リアルな爆発は人間を即死させるだけの威力を持っているので、軽く考えることはどのみち出来ない。

水素による爆発という点で歴史的に事件として記録されているのは水素自動車によるケースではなく、飛行船での事例が確認されている。有名な話だが、ヒンデンブルク号と呼ばれた飛行船が瞬く間に爆発・炎上・轟沈するという、タイタニック号に勝るとも劣らない悲劇的な事故が挙げられる。

いま流行の、ヴィンテージカー大全集

ヒンデンブルク号の例から考える

ヒンデンブルク号とかつて呼ばれた飛行船が存在していた時代、その当時はガス袋には大量の水素ガスが搭載されていた。水素ガスを入れることで浮揚するための力学的エネルギーを発生させていたわけだが、今となっては自己の影響もあって飛行船そのものが運用されることはなくなった。代わりに飛行機が主力の空路に利用される乗り物としてシフトしていくわけだが、このヒンデンブルク号の事故がなければ少し変わっていたのかもしれない。

そもそもどうして爆発したのかという原因についてだが、当時こそ水素ガスが引火したことで発生したと言われている。いわゆるバックファイアー現象が巻き起こったとも考えられており、この当時は浮揚ガスに水素は危険だという噂も流れたという。これに対してヒンデンブルク号を作った飛行機公社は原因について発表することはなかったため、色々と悪評が立ってしまった。

色々な原因が考えられた

きちんと公に出て説明するべきだったのではないかと思う、何かしら原因が社内で判明していたのかどうかは知ることは出来ないが、結果的に見ると事態を悪化させてしまったという印象が拭いきれない。このヒンデンブルク号の事件は後々さまざまな原因説が唱えられるようになる。その中には陰謀説なども唱えられていたため、様々な憶測を呼ぶこととなる。この時代、情報があまり流れてこない時代だったため、偏見という偏見があちこちにあったと見られる。

ヒンデンブルク業の事件が起きた理由

その後1997年になると、NASA・ケネディ宇宙センターに努めていたとある学者が当時の証言や映像分析などを元にして検証したところ、爆発が起きた原因には船体外皮の酸化鉄・アルミニウム混合塗料によって引き起こされたという説を唱える。この説によると、飛行中大量にたまった静電気が着陸用ロープをおろした瞬間、外皮と鉄骨の間の繋ぎ方に問題があったため、静電気が逃げること無く、電位差が生じてしまったことで放電が発生し、発火してしまったのではないかという。

この説は現在のところ有力視されるようになっているため、水素そのものが因果関係には絡んでいないと言われるまでになった。ただ酸化鉄という点については、水素が少なからず関係している部分も否定出来ないかもしれない。とにもかくにも、水素=危険な物質という印象を植え付けるのには十分過ぎる事故となってしまったのは事実として相成ってしまった。

電気自動車を比較

ただ単に『古い家を売る』という発想ではなく、その買主様のニーズに合わせて企画して販売すれば、『より早く、またより高く売る』ことが可能です。京都の不動産は吟優舎の不動産サービスにおまかせください!
化粧品のことなら大阪、梅田のピエールにお任せ下さい。人気のアクセーヌ日焼け止めや、covermark(カバーマーク)、CATHY(カシー)化粧品、SK?などの豊富な品揃えと親密な接客でお肌のカウンセリングもしております。

水素自動車を取り巻く問題

過去、水素を原因とした問題が発生したこともあれば、現時点で水素と空気がミキシングして出来る燃焼物が吸気系管内に残留すると起きるバックファイアー現象が起こる可能性もある、と言った問題も含めると水素自動車を買いたいとは中々思えない。また水素脆化という問題もあり、これについては発生する原因そのものが判明していない段階で研究は続けていくしか手はないだろう。

これら問題が解決された後、あとはどのようにして消費者が手を伸ばしやすい市場へとするかで話が進んでいくだろうが、庶民が水素自動車を獲得するのは当分先なのはいうまでもないことだ。

「水素自動車」と「水素・燃料電池」の未来を考える

資源を、大切に。

ファミリー型、ワンルーム型、ペットっと共生型、インターネット設備など…ご要望はすべてお知らせください!宝塚 貸店舗が全力でサポートいたします!