その他のECOな自動車

その他のECOな自動車

世間一般で言われるECOカーとは

では最後に、現在のところ環境に優しく次世代の自動車モデルとして候補にすべきだとも考えられているモデルをいくつか取り上げていってみよう。水素自動車や電気自動車と言ったもの以外にも存在しているわけだが、あまり表沙汰にならないものだったりする。それは単純に運用していくにあたっては効率というよりは、素材となるものが少ないという点が一番関係しているため、その点も含めて話をしていこう。

いま流行の、ヴィンテージカー大全集

吟優舎が選んだ最新のおすすめ物件随時更新中!雰囲気が素敵な京町家の物件を買いたい・売りたい・借りたい・貸したいなど京都 不動産に関するご相談お待ちしております!お気軽にお声掛けください。

低公害車の代表例

天然ガス自動車

まず最初に取り上げるのは、天然ガスを燃料とするエンジンが搭載された自動車についてだ。ガスというと聞こえは悪いかもしれない、実際他の自動車でも排気ガスが問題となっているため、天然ガスでも二酸化炭素などを多く廃棄するのではないかと危惧する人もいるでしょう。しかし天然ガスを燃料としている自動車の場合だと、そうした環境への影響はそこまで著しいほどに問題視されるものでもない。

さすがに全くとは言わないが、二酸化炭素にしても従来のエンジンよりは最大3割近く排出を抑えることに成功しており、黒煙という排気ガスの特徴的すぎる点も無くすことができるのは利点だ。それならもっと広く利用していくべきだと訴える人もいるかもしれませんが、天然ガスを原料とするエンジンで問題となるのは、気体であるガスをどのようにして貯蔵し、さらに運搬していくかという問題が大きい。また天然ガスと言っても無尽蔵に存在しているわけではない、いつかは枯渇してしまうことも考慮すると決して主流な商品として迎えるのは難しいところだ。日本のように自国で資源を採取できない場合では尚更だ。

LPG自動車

次に紹介するのは、『LPG自動車』と呼ばれるものについてだ。これはLPG、液化石油ガスを燃料とするオットーサイクルエンジンを主とした自動車となっている。この自動車で使用される燃料は液化石油ガスとなっているが、用いられているのは石油随伴や天然ガス随伴といった石油以外のソースを持つガス体燃料となっており、完全な石油生成物というものではないのです。利便性としては先ほど紹介した天然ガスよりも高く、二酸化炭素の排出も極力抑えられているため、決して悪いことばかりではない。

比較的クリーンなエンジンとして押されているものでもあるため、水素自動車よりもLPG自動車の方をよく知っているという人もいるかもしれない。

電気自動車を比較

最終的に出てくる問題

ECOカーと呼ばれるものはいくつも出てくるものだが、そうした中でもやっぱり問題点となる要素は出てくるもの。天然ガスにしてもLPGにしてもそうだが、要するに燃料を補給するための拠点が少ないという点だ。ガスに至ってはそもそも天然ガスをどのようにして補給するかという地理的な問題もそう、LPGも液化石油ガスを何処から調達するかという点も出てくるだろう。こういった場合資源の少ない日本は先進技術の開発という面で劣等を隠せない。

だからこそ大企業などは世界へと足を伸ばすのかもしれませんが、根本的な解決策となる手立ても発見できない場合には宙ぶらりんで有耶無耶にするのも特徴的だ。水素自動車にしても何にしても、現代の自動車技術が変革をしようとする意思が強く作用しているのが見て取れる。それが引いては水素自動車と電気自動車を筆頭としているのだろう、これからの時代で生きる人々のことも踏まえて考えていけば環境問題を引き起こすような既存の自動車ではダメだとする考えがなされているのかもしれません。

ただそうした主張がされたからといって、開発段階で噴出する問題が自然解消されることもない。時代なのかもしれませんが、本当の意味でECOカーと呼ばれるものが誕生する瞬間を垣間見る時が来る日はまだずっと先の話なのかもしれません。

「水素自動車」と「水素・燃料電池」の未来を考える

資源を、大切に。

吟優舎が選んだ最新のおすすめ物件随時更新中!雰囲気が素敵な京町家の物件を買いたい・売りたい・借りたい・貸したいなど京都 不動産に関するご相談お待ちしております!お気軽にお声掛けください。