水素ステーション

水素ステーション

肝心の燃料について

MIRAIの発売により、メーカーも徐々に市場争いをするよう水素自動車を次々発売していくように思われるが、ここで1つ気になる点がある。それは燃料となる水素を何処で補給するかという点だ。水素と言っても何処にでもあるわけではありません。目に見えているという点を考えると、側にある水を電気分解して酸素と水素に分離させるだけで事足りるだろう、なんて考える人もいるかもしれない。しかし水素自動車の燃料を水、それこそ海水などから得られればまさしく一石二鳥といえるのだが、残念ながら人間が有している自動車技術においてそこまでの域に発展していない。ゆくゆくはそうしたいと考えている研究科もいると思いますが、実現するのはまだ先の話だ。

なので純粋な燃料となる水素を獲得するためには、補給するための場所を用意する必要がある。そこまでになると自動車メーカーが出来ることではなく、国からの援助や助成といったものも必要となります。今でこそ水素自動車は日本ではそこまで発展していないが、アメリカでは売れ続けているという。日本ではまだもう少し先の話だろうと考えられている点について触れると、やはり燃料を補給する場所が限られている点が懸念事項だ。

もちろんそうしたステーションを用意することも出来るだろう、しかし水素を補給するための『水素ステーション』を忽然と建設しても需要と供給のバランスがままならない今の段階では経営面では不安さが全開となっているため、現実的ではない。なので現在のところはトラックにて水素を運搬するタイプで水素自動車の燃料補給に対応している。

いま流行の、ヴィンテージカー大全集

水素ステーションの建設

水素自動車が本格的に利用され始めたら、利便性に答えなくてはなりません。だからこそ水素ステーションの建設を早期に実現させなくてはなりませんが、現状MIRAIの登場で市場そのものが活性化しているとは言いがたい状況が続いている。現状、ステーションを作ったとしても訪れる人は微々たるもの、もしくはガソリンスタンドと間違えて訪れる人もいるかもしれない。

ステーションもそうだが、そもそも気になるのが『水素燃料の値段』というコストの問題だ。ただでさえ本体を購入するだけでも高額な値段を支払ったのに、その後の燃料補給でも一般的なガソリンの値段以上に高いとなったら、水素自動車を買おうと思う人は少ないだろう。それなら少しくらい型落ちしてても中古のガソリン車を購入したほうが安上がりだ。補給するためにはその分の費用を捻出しなければならないため、市場では価格協定などもままならない状況となっている。値段次第で水素自動車の普及は左右されるかもしれない。

乗り気ではいる

水素ステーションの建設と普及については、トヨタを始めとした主要メーカーが積極的に事態に乗り出している。国としてもそれを支援するために様々な試みを行っているという。その中でも一番気になるのが、建設費用となるコストをいかにして補助金・引き下げといった制度で実現できるかという点だ。

例えば中規模の水素ステーションを建設するとなった、その場合建設するためのコストとして掛かるのが何と『4億6千万円』という破格過ぎる費用を抽出しなければならないという。いくら大手だからといっても、このサイズの規模を全国レベルで展開していくとなったら、回収できる見込みもない。国としても今後の自動車産業の発達を考えれば水素自動車が鍵を握っていると考えているのか、色々と援助している様子が見て取れる。正直そんなことをしている暇があったら、一般労働者の労働問題を解決することにも力を入れろよと言いたくなってしまうのは気のせいではない。

メーカーにしてもそうだが、国としてもこれからは水素自動車が市場における中心にしていきたいと考えていると見ていいでしょう。

電気自動車を比較

温度差がある

水素自動車の存在を重宝しているのは日本だけではない、アメリカも発達のために投資をする姿勢を見せているが、そうでない国も存在している。いくら日本が先導して開発しているからといっても、他の国から理解が得られなければ、開発するための意義を定義できない。いくら環境に優しく、次世代の自動車モデルとして推進していきたいと言っても、国家間でも温度差はどうしても生まれてしまうものだ。

加えて国民レベルでも、本当に水素自動車がいいと言えるのかと疑問に感じている人も多いはず。いくら良いと言われても簡単に納得することは出来ない、そもそも本当に環境への配慮が完璧になされているのかという点についても疑ったほうがいいという人もいるだろう。そうした課題となる部分があるはずだと疑惑を持つ点については何ら問題ない、というよりも実際に存在しているからだ。利便性が高いと言われているが、水素自動車にも解消していかなくてはならない問題点はやっぱり存在しているのです。

「水素自動車」と「水素・燃料電池」の未来を考える

資源を、大切に。

ドレスが必要になったら買うのもいいけど、コルティーナでドレス レンタルしてみませんか?クレジットカード、銀行振込、代金引換がご利用頂けます♪♪サイトにて結婚式や二次会に使えるドレスの情報も随時更新中なので、お楽しみに♪♪