燃料電池車

燃料電池車

水素自動車を始めとした自動車

水素自動車を始めとしたこれら自動車のことは総称して、『燃料電池車』と呼ばれている。水素自動車にしてもその燃料が水素とした燃料電池が主軸となっているので、現状燃料電池車と言われれば水素自動車を連想する人が多いようです。ただこれもあくまで業界について関心を寄せている人限定となっているので必ずしも誰もが反応することでもないでしょう。その歴史については先程も話したとおりもうまもなく半世紀にも及ぶ研究・開発が行われていることになる。

早いものだと関心する人もいれば、まだまだこれからだと感慨深く語る人もいるだろう、業界にいうとまだ解決しなければならない点は山ほどあるとも思っているはず。トヨタのMIRAIにしても、水素自動車という次世代の新たな可能性を秘めた商品を発表することで、より多くの関心を寄せようとしているだろう。ただトヨタの場合は女性役員の麻薬所持逮捕事件が足を引っ張っているので、その事件に対する姿勢なども疑われているなど、別の側面で問題が問題を引き起こしてしまっている。こうした問題を引き起こすだけで社会とするなら認めたくないとする機運は強くなっていくものだが、トヨタクラスになるとそうした機運も色々と手段を用いて逆境をはねのけていってしまうのだから、最大手としての意地が発揮されている。

水素を燃料とする燃料電池車の登場に歓喜する人もいるが、ここで冷静になって考えてるとどうして今になって水素自動車を開発しなければならなかったのかという部分を気にする人もいるだろう。しかもトヨタは以前から水素自動車そのものの開発に対して積極的な姿勢どころか、マツダのように水素エンジンの基礎理論となる頃から開発に携わっていたわけでもない。そもそも何故マツダなどの先駆者ではなく、トヨタが発売しなければならなかったのかだが、ここにトヨタの本心となる部分が見え隠れしているのです。そこには企業としてのプライドを掛けた、いわば焦りがあった。

いま流行の、ヴィンテージカー大全集

電気自動車の存在

トヨタの焦り、それは日産が海外で高い評価をある車種が記録していたからだ。その車種とは『日産リーフ』、ECOカーとして注目を集めている自動車の1つで、電力を動力源としたものとなっている。電気自動車は日本でもいくらか注目を集めており、実際に市場でも販売されてはいるが実際の普及率はメーカーの思惑通りといった機運は残念ながら見当たらない。問題点はいくつかあげられるが、やはり電力を補給するためのステーションの存在が希薄という点は拭いきれない。走行についても開発当初は決して順当とはいえない状態だったものの、年々施される改良により、特にアメリカで高い評価と共に市民からも愛される車へとその地位につけ込むことに成功したのです。

アメリカといえばトヨタにしてみれば商売拠点として類を見ない自動車大国だ、そこでほぼ独占的に自分たちの自動車が走行していることもあって、その他の日本企業も進出に成功しても成果としてはトヨタに類は及ばない。しかしそれは従来の自動車での話だ、環境面に配慮して開発された次世代型燃料電池車の1つでもある電気自動車の存在は、トヨタにすれば脅威に見えたのかもしれない。

あくまで憶測の話となってしまうが、次世代型の環境に配慮した自動車の開発に注力しなければならない、その焦りから水素自動車の開発を行うようになったと分析している専門家もいる。しかし電気自動車にしてもそうだが、次の世代で活躍する自動車を生産していなかったトヨタにとっては出遅れた電気自動車を作るよりも、いまだに誰もが商品として実現しきれていない水素自動車を作り出すことにより、世界に類を見ない自動車を創りだそうとした結果、MIRAIが出来上がったのかもしれない。

電気自動車を比較

大阪梅田のPierrel、アクセーヌ日焼け止め、カバーマー、カシー化粧品の販売なら大阪梅田のPierreにおまかせください。親子二代、この場所で50年。会員様とも長〜いおつきあいです。は親子二代、この場所で50年。会員様とも長〜いおつきあいです。

燃料電池車の先頭を歩くために

水素自動車の発売はトヨタが戦陣を切った。その後の展開としてこれからはホンダや日産も徐々に商品として世に送り出そうと開発を進めている。電気自動車こそ日産によって出遅れてしまったため、水素自動車方面で世界を揺るがすだけの自動車を作っていこうとする姿勢も感じられるものの、完全な意味でのECOカーを創造する域までには至っていない。世界最高水準と評価されればそれは誉といえる、しかし生産する商品に妥協を許されないだろう。

日本人の細かな商品づくりは海外でも高く評価されている、その点を考えると雑な商品を創らないとするこだわりによって画期的な自動車が作られるのも遠くはないのかもしれないが、やはり問題点となる部分があるためそちらの解決も急務だ。

「水素自動車」と「水素・燃料電池」の未来を考える